<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)の乱入殺傷事件は8日、発生から9年となった。同校ではこの日、追悼式典「祈りと誓いの集い」が開かれ、参列した遺族や在校生、教職員ら約1300人が、犠牲になった児童8人の冥福を祈った。同校は今年3月、安全な教育環境づくりを行う学校を対象とした国際認証を日本で初めて取得した。式典では、自校の学校の安全への取り組みが、先進的なモデルとなるよう今後も国内外に発信し続けていくことも誓った。

 式典は旧正門脇にある、8人の名前が刻まれた「祈りと誓いの塔」の前で、午前9時から、小雨の降る中、始まった。黙とうの後、藤田大輔校長は「事件を風化させることなく、学校の安全にかかわる着実な取り組みを継続していくことが、付属池田小学校の使命であるとの認識を心に刻みます」と述べた。

 6年の児童代表は「周りの人たちへの感謝を忘れず、支えられるだけでなく、誰かを支える人になります」と誓った。

 同校は事件後、遺族との合意書などに基づき学校の安全対策をハード、ソフト両面で強化。昨年度からは全学年で、防災や防犯、交通安全などを系統立てて学ぶ「安全科」の授業を週1時間行っている。今年3月、子どもたちの安全に地域などと一緒に取り組む学校として、世界保健機関(WHO)の国際認証「インターナショナルセーフスクール(ISS)」を取得した。【山口朋辰】

 【ことば】大阪教育大付属池田小学校・乱入殺傷事件 01年6月8日午前10時過ぎ、宅間守元死刑囚が校内に乱入。1、2年の児童8人を刺殺し、児童13人と教師2人に重軽傷を負わせた。宅間元死刑囚は殺人、殺人未遂などの罪で起訴され、死刑判決が確定。04年9月、刑が執行された。一方、亡くなった児童8人の遺族と大学側との補償交渉は、03年6月に合意した。重傷の児童8人の保護者との補償交渉は、05年5月に合意。また、事件を目撃した児童のうち2人との補償交渉も合意している。

【関連ニュース】
池田小事件:鎮魂歌に父の祈り 発生9年
大阪・池田小乱入殺傷:事件9年 この子の命をまもりたい 鎮魂歌に父の祈り
閑想閑話:中国の小学校や幼稚園で… /島根
近況:日本ミステリー大賞新人賞の『ラガド』(光文社)が刊行、両角長彦さん(作家)

【菅内閣発足】新執行部、党運営を次々刷新 「脱小沢」の裏、不協和音(産経新聞)
広島少年院暴行の元教官、二審は猶予判決 示談など考慮(産経新聞)
地位保全申請を却下 富士通元社長側抗告(産経新聞)
鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
「一番お金ない幹事長」=民主・枝野氏(時事通信)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-06-15 19:53
 民主党の参院執行部が31日、鳩山由紀夫首相(63)に対して事実上の退陣勧告を行った。社民党の連立政権離脱と内閣支持率が20%を切ったことを受け、民主党の高嶋良充筆頭副幹事長(69)=参院幹事長=は同日午後、夏の参院選で改選される議員から首相の辞任を求める声が「圧倒的に寄せられている」と取材陣に明言。その後、小沢一郎幹事長(68)とともに輿石東参院議員会長(74)が鳩山首相に会い、参院選情勢が厳しいことを伝えた。鳩山政権は風前のともしびだ。

 民主党内から上がっていた「鳩山降ろし」の声が、ついに参院の中枢から公然と流れてきた。

 この日、先陣を切ったのは高嶋筆頭副幹事長だ。夏の参院選で改選される議員から「『このままでは戦えない』と首相の辞任を求める声が圧倒的に寄せられている」と記者団に明かした上で「党と政府の最高責任者である鳩山首相の決断にかかっている」と語り、首相の自発的な辞任を事実上、求めた。

 夕方には、小沢幹事長とともに輿石参院議員会長が首相と緊急会談。時間は5〜10分程度だったが、夏の参院選の情勢が極めて厳しいとの認識を伝えた。首相は「そんなに厳しいんですか」と認識の甘さを露呈したという。輿石氏が強い口調で首相に退陣を迫ったという情報もある。首相は続投の意向を示したが、参院執行部が音頭を取っての「鳩山降ろし」が始まったのは明らか。この後の民主党役員会で、小沢氏は1日にも首相と再度会談する考えを明かし「中身は一任してほしい」と要請。首相との再会談で、首相並びに小沢氏自身の進退について判断するものと見られる。

 一方、鳩山首相は輿石氏らとの会談後、記者団に「私自身のことで迷惑をかけていると理解しているが、国民のために働かせていただきたい。厳しいことはよく存じている。初心に戻る覚悟で頑張る」と話した。会談については「厳しい局面だが、国家国民のため力を合わせて頑張ろうという打ち合わせだ」と説明し、自身の続投は「当然のことだ」と主張した。だが、輿石氏は「何も決まらない」と記者団に語っており、食い違いは明らかだ。

 以前から執行部刷新を求めてきた面々は、鳩山退陣論の高まりを当然とみる。生方幸夫副幹事長(62)は「国民の信を失った方が参院選をやっていいのか。与党として体制を立て直さなければ」。渡部恒三・元衆院副議長(78)は「もっと早く辞めていればさわやかだった」とすでに退陣が決まったかのように話した。

 党の最高実力者である小沢幹事長は1日の出張予定をキャンセルして、都内で対応に当たるという。昨夏、国民の期待を背負って政権交代を実現した鳩山内閣の崩壊は秒読み段階に入った。

 【関連記事】
社民党が内閣不信任案、賛成で一致
鳩山首相が続投決意表明「信念持ち乗り切る」
鳩山内閣、普天間問題で支持率19・1%まで落ち込み 「危険水域」へ
「首相辞任を」過半数、内閣支持率20%切る…共同通信社世論調査

池波正太郎生誕地で清掃 台東区浅草(産経新聞)
<野良猫餌付け>癒やしか迷惑か…地域の共生でトラブル回避(毎日新聞)
前原国交相「ツートップの問題極めて大きい」 内閣の支持率低迷(産経新聞)
<追突事故>横浜FCの三浦知良選手が都内で けが人はなし(毎日新聞)
障がい者制度会議、福島氏罷免で平野官房長官が担当(医療介護CBニュース)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-06-04 11:50
スペルボーン(Spellborn)