カテゴリ:未分類( 38 )

 大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)の乱入殺傷事件は8日、発生から9年となった。同校ではこの日、追悼式典「祈りと誓いの集い」が開かれ、参列した遺族や在校生、教職員ら約1300人が、犠牲になった児童8人の冥福を祈った。同校は今年3月、安全な教育環境づくりを行う学校を対象とした国際認証を日本で初めて取得した。式典では、自校の学校の安全への取り組みが、先進的なモデルとなるよう今後も国内外に発信し続けていくことも誓った。

 式典は旧正門脇にある、8人の名前が刻まれた「祈りと誓いの塔」の前で、午前9時から、小雨の降る中、始まった。黙とうの後、藤田大輔校長は「事件を風化させることなく、学校の安全にかかわる着実な取り組みを継続していくことが、付属池田小学校の使命であるとの認識を心に刻みます」と述べた。

 6年の児童代表は「周りの人たちへの感謝を忘れず、支えられるだけでなく、誰かを支える人になります」と誓った。

 同校は事件後、遺族との合意書などに基づき学校の安全対策をハード、ソフト両面で強化。昨年度からは全学年で、防災や防犯、交通安全などを系統立てて学ぶ「安全科」の授業を週1時間行っている。今年3月、子どもたちの安全に地域などと一緒に取り組む学校として、世界保健機関(WHO)の国際認証「インターナショナルセーフスクール(ISS)」を取得した。【山口朋辰】

 【ことば】大阪教育大付属池田小学校・乱入殺傷事件 01年6月8日午前10時過ぎ、宅間守元死刑囚が校内に乱入。1、2年の児童8人を刺殺し、児童13人と教師2人に重軽傷を負わせた。宅間元死刑囚は殺人、殺人未遂などの罪で起訴され、死刑判決が確定。04年9月、刑が執行された。一方、亡くなった児童8人の遺族と大学側との補償交渉は、03年6月に合意した。重傷の児童8人の保護者との補償交渉は、05年5月に合意。また、事件を目撃した児童のうち2人との補償交渉も合意している。

【関連ニュース】
池田小事件:鎮魂歌に父の祈り 発生9年
大阪・池田小乱入殺傷:事件9年 この子の命をまもりたい 鎮魂歌に父の祈り
閑想閑話:中国の小学校や幼稚園で… /島根
近況:日本ミステリー大賞新人賞の『ラガド』(光文社)が刊行、両角長彦さん(作家)

【菅内閣発足】新執行部、党運営を次々刷新 「脱小沢」の裏、不協和音(産経新聞)
広島少年院暴行の元教官、二審は猶予判決 示談など考慮(産経新聞)
地位保全申請を却下 富士通元社長側抗告(産経新聞)
鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
「一番お金ない幹事長」=民主・枝野氏(時事通信)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-06-15 19:53
 民主党の参院執行部が31日、鳩山由紀夫首相(63)に対して事実上の退陣勧告を行った。社民党の連立政権離脱と内閣支持率が20%を切ったことを受け、民主党の高嶋良充筆頭副幹事長(69)=参院幹事長=は同日午後、夏の参院選で改選される議員から首相の辞任を求める声が「圧倒的に寄せられている」と取材陣に明言。その後、小沢一郎幹事長(68)とともに輿石東参院議員会長(74)が鳩山首相に会い、参院選情勢が厳しいことを伝えた。鳩山政権は風前のともしびだ。

 民主党内から上がっていた「鳩山降ろし」の声が、ついに参院の中枢から公然と流れてきた。

 この日、先陣を切ったのは高嶋筆頭副幹事長だ。夏の参院選で改選される議員から「『このままでは戦えない』と首相の辞任を求める声が圧倒的に寄せられている」と記者団に明かした上で「党と政府の最高責任者である鳩山首相の決断にかかっている」と語り、首相の自発的な辞任を事実上、求めた。

 夕方には、小沢幹事長とともに輿石参院議員会長が首相と緊急会談。時間は5〜10分程度だったが、夏の参院選の情勢が極めて厳しいとの認識を伝えた。首相は「そんなに厳しいんですか」と認識の甘さを露呈したという。輿石氏が強い口調で首相に退陣を迫ったという情報もある。首相は続投の意向を示したが、参院執行部が音頭を取っての「鳩山降ろし」が始まったのは明らか。この後の民主党役員会で、小沢氏は1日にも首相と再度会談する考えを明かし「中身は一任してほしい」と要請。首相との再会談で、首相並びに小沢氏自身の進退について判断するものと見られる。

 一方、鳩山首相は輿石氏らとの会談後、記者団に「私自身のことで迷惑をかけていると理解しているが、国民のために働かせていただきたい。厳しいことはよく存じている。初心に戻る覚悟で頑張る」と話した。会談については「厳しい局面だが、国家国民のため力を合わせて頑張ろうという打ち合わせだ」と説明し、自身の続投は「当然のことだ」と主張した。だが、輿石氏は「何も決まらない」と記者団に語っており、食い違いは明らかだ。

 以前から執行部刷新を求めてきた面々は、鳩山退陣論の高まりを当然とみる。生方幸夫副幹事長(62)は「国民の信を失った方が参院選をやっていいのか。与党として体制を立て直さなければ」。渡部恒三・元衆院副議長(78)は「もっと早く辞めていればさわやかだった」とすでに退陣が決まったかのように話した。

 党の最高実力者である小沢幹事長は1日の出張予定をキャンセルして、都内で対応に当たるという。昨夏、国民の期待を背負って政権交代を実現した鳩山内閣の崩壊は秒読み段階に入った。

 【関連記事】
社民党が内閣不信任案、賛成で一致
鳩山首相が続投決意表明「信念持ち乗り切る」
鳩山内閣、普天間問題で支持率19・1%まで落ち込み 「危険水域」へ
「首相辞任を」過半数、内閣支持率20%切る…共同通信社世論調査

池波正太郎生誕地で清掃 台東区浅草(産経新聞)
<野良猫餌付け>癒やしか迷惑か…地域の共生でトラブル回避(毎日新聞)
前原国交相「ツートップの問題極めて大きい」 内閣の支持率低迷(産経新聞)
<追突事故>横浜FCの三浦知良選手が都内で けが人はなし(毎日新聞)
障がい者制度会議、福島氏罷免で平野官房長官が担当(医療介護CBニュース)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-06-04 11:50
 平野博文官房長官は27日午後、首相官邸で社民党の重野安正幹事長と会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で同党が求めた、日米共同声明から「名護市辺野古周辺」に移設するとの文言を削除することについて、「不可能だろう」と伝えた。
 また、重野氏が事態打開へ向け与党3党首会談の開催を提案したのに対し、平野長官は「検討する」と答えた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

「HIV検査普及週間」を実施(医療介護CBニュース)
事件?路上で男性死亡 東京・足立(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>植樹祭出席などで神奈川県中井町へ(毎日新聞)
普天間移設「最低でも県外」ほご 首相の無責任発言端緒「自らがまいた種…」(産経新聞)
ピカソなど5点 110億円分盗難 パリ市立近代美術館(産経新聞)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-05-27 22:25
 民主党の小沢一郎幹事長は13日、広島市内で記者会見し、自身の資金管理団体による土地購入事件に絡み、衆院政治倫理審査会へ出席し弁明する意向を表明、同時に東京地検特捜部の再聴取に応じる意向を示した。「どう対応するか」との質問に対し、「選挙民、国民の皆さんにしっかりお話しすることによって理解と支持を獲得することができると思っている」と述べた。

【関連記事】
小沢氏、聴取応じる意向 「陸山会」政治資金規正法違反、元秘書3人も
公明・山口代表「政倫審は公開で」 民主・小沢氏に
小沢氏再聴取へ 今度こそ疑惑解明求める
小沢氏再聴取へ 改めて問われる説明責任
小沢氏が政倫審出席の意向 参院選で得策と判断
少子化を止めろ!

高額布団販売で7人逮捕=「上下セットで40万円」−大分県警(時事通信)
韓国から実行役の入国手引き? 窃盗団の“主犯格”逮捕(産経新聞)
初期鳥類、羽ばたいて飛べず=羽根が強度不足―英大学など(時事通信)
自殺 原因「失業」が7割増 30代の増加、目立つ(毎日新聞)
枝野氏、小沢の説明責任に期待(産経新聞)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-05-19 02:36
 起動の瞬間、職員から拍手が沸き上がった。6日午前、14年5カ月ぶりに再開した高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)。長らく停止していた「夢の原子炉」の新たな出発だが、一部反対派の集会も予定されるなど再開に疑問を投げかける声もある。

 もんじゅの中央制御室にはこの日、運転員や検査員ら約70人が入った。敦賀市の河瀬一治市長のほか、フランスや米国、ルーマニアなどの海外の研究員も見守った。午前9時50分ごろ、職員が黄銅色の中央ボタンに鍵を差し込み、「停止」から「起動」にスイッチを転換すると、職員らの表情がぐっと引き締まった。

 機械の動作確認をした後、当直長の「操作を開始してください」という指示で、職員が炉心に差し込まれている制御棒を操作し、午前10時36分、原子炉が動き始めた。

 その瞬間、制御室では拍手が起こり、うっすらと涙を浮かべる職員も。直立の姿勢で見守っていた日本原子力研究開発機構の岡崎俊雄理事長と向和夫・もんじゅ所長が握手をして再開を喜び合った。

 職員の山下俊男さん(55)は「長かったが、感無量。事故のことを謙虚に反省して安全にやっていきたい」と話した。

 もんじゅの職員はゴールデンウイークを返上して作業に没頭。30代の職員は「一日でも早く、もんじゅを動かしたかったのが本音」と笑顔を見せる。

 当初の計画では、昨年度中の再開を目指していたが、地元の再開了承を待ったため1カ月遅れることになった。向所長は「現場がつらいのは、目標が見えなくなることだった」として、作業工程を5回も変更したことを明かした。

 起動に先立ち、この日早朝、今月3日から4日間行われてきた経済産業省原子力安全・保安院の最終検査が終了し、国の最後のお墨付きを得た。

 検査の中では、保安院の根井寿規審議官が「最初のトラブルは事象の大小を問わずにすぐに公表するように」と、情報公開の失敗を経験したもんじゅの幹部らに念を押していた。

 一方で、6日午後からは再開反対派の市民団体が、もんじゅ付近で抗議集会を予定。「危険なもんじゅを廃炉にせよ」などと訴えるという。

【関連記事】
費用対効果、ナトリウム管理、実用まで40年…もんじゅ課題山積
もんじゅ、運転再開へ準備完了 保安院が確認
もんじゅ立ち入り検査 14年ぶり運転再開前に
もんじゅ安全性の「アキレス腱」 ナトリウムを扱う難しさ
もんじゅ運転再開決定、交錯する思い 地域振興の「切り札的存在」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

新住職祝い稚児行列 足立区谷中・法立寺(産経新聞)
もんじゅ「再起動」 技術蓄積へ歩み再び(産経新聞)
普天間問題 首相「徳之島」固執の根拠 防衛利用で覚書 返還時(産経新聞)
燃えさかる炎、爆発音も=「真っ黒い煙が20〜30メートル」−山陽道事故(時事通信)
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-05-12 00:18
 鳩山由紀夫首相が高速道路の新たな上限料金制をめぐり指導力の欠如を露呈するなかで、民主党の小沢一郎幹事長に追従する姿勢を鮮明にした。小沢氏の要求を受け、いったんは決まった新料金の見直しを明言した。一方で、小沢氏が関与していない米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)移設問題では、地元自治体の反対だけでなく、米側からも難色を示され暗礁に乗り上げている。       

 ■高速新料金、小沢氏に追従

 高速道路の新上限料金制の見直し問題は、鳩山首相の言動が、最大実力者の小沢氏の意向に沿って180度転換するぶれをみせたことが政府・民主党内の混乱に拍車をかけた。

 この背景には、内閣支持率の低下が止まらない状況のなかで、首相が小沢氏への依存ともいえる姿勢をとっていることがある。

 参院選対策を重視する小沢氏の意向を首相が優先するのは、3月の郵政改革案をめぐる政府・与党内の対立で、「郵政票」重視の小沢路線に首相が軍配をあげたのと似通うものだ。

 ≪国交相反発で翻意≫

 もともと、高速の新上限料金制の問題の火付け役となった民主党の川内博史衆院国土交通委員長が、反対ののろしをあげた際には、首相は前原誠司国交相の肩を持っていた。

 「前原大臣が知恵を絞って出した案だ。方向性が定まったと私は承っています。川内委員長も若干、誤解があるのではないか」

 首相は16日夜、首相官邸で記者団にこう強調していた。

 だが、小沢氏が参院選への危機感から募る党内の見直し論を踏まえ、新料金制見直しに乗り出してきたとたん、首相の姿勢は一変した。

 小沢氏が見直し論を唱えた21日夕の政府・民主党首脳会議。出席者の1人は「平野博文官房長官はいまいちな反応だったが、首相は『(見直しが)できるんじゃないか』と言った」と証言する。

 これで新上限料金制の見直しがいったん固まったが、首脳会議の一員ではない前原氏が同日夜、辞任まで示唆して猛反発した。

 そこで22日朝、首相は「(高速道路の)建設と割引はそのままに、無料化の方向と矛盾せず、(党と政府の)双方が理解できる形で決着させたい」と言い出した。

 ≪「顔を立てただけ」≫

 平野氏は小沢氏や輿石東参院議員会長、山岡賢次国対委員長を個別に訪ね、対応を協議。直ちに見直しを始めないことで担当閣僚である前原氏の意向を尊重したものの、国会の道路整備事業財政特別措置法改正案の審議の中で、料金制について「がんがん議論」(民主党国対幹部)し、結論を得ることになった。

 輿石氏は同日の記者会見で「(国会で)議論した結果、必要なら見直す用意もあることを含んでいるのではないか」と指摘。小沢グループの国対副委員長の1人は「『現時点で見直さない』というのは、前原さんの顔を立てただけ。すでに高速(の新料金)をどう正すかの話になっている」と語った。

 これを裏付けるかのように、この日の民主党国土交通議員政策研究会は前原氏の新上限料金制への反対論で覆われた。

 結局は小沢氏寄りの判断をとった首相だが、平野氏は同日午後の会見で、政府や首相の一連の対応について「何の齟齬も起こっていない」と言い張った。だが党内からは「普天間移設問題に心を奪われ、首相は他の政策への関心を失っている」(中堅)との声も出ている。

 ■普天間移設、運用理解せず

 普天間飛行場の移設問題で、鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転にこだわる鳩山首相とは対照的に、小沢氏は“我関せず”の姿勢をとっている。小沢氏は22日、鹿児島県を訪れたものの、連合鹿児島幹部との会合で「政府が行っていることに干渉するつもりはない」と述べただけだった。小沢氏から指針が示されないこともあり、普天間問題での首相の迷走は大きくなるばかりだ。

 ≪地上部隊もセット≫

 首相は22日の衆院本会議で「海兵隊は高い機動性、即応能力で、わが国への侵略に対する抑止力として機能している」と述べたが、徳之島案を追求する首相が抑止力の意味を理解しているか、政府内でも疑問視する向きが強まっている。

 海兵隊の運用に詳しい防衛省幹部は「徳之島にヘリ部隊を移して抑止力を維持するには、陸上部隊も一緒に移る必要がある」と指摘する。海兵隊の基本構成は「空陸任務部隊」であり、陸上部隊と航空部隊がともに訓練することで、即応態勢が維持できるためだ。

 沖縄の場合、地上部隊はキャンプ・ハンセン(金武町など)やキャンプ・シュワブ(名護市)、ヘリ部隊は普天間に駐留。朝鮮半島や台湾海峡の有事の際には真っ先に現場に駆けつける任務を担う。

 ヘリ部隊は地上部隊を運搬するため、両者が離れて存在すると、訓練や緊急展開に時間的な制約が生じ、海兵隊の抑止力も損なわれる。しかも、徳之島には沖縄北部のような訓練場は存在しない。

 しかし、首相は移設先選定に当たり、「一般的にいえば『迷惑な施設』としての米軍の駐留地」(北沢俊美防衛相)を探すとの認識で臨んでいることは明白で、海兵隊の運用のあり方は二の次だった。

 ≪米「徳之島案NO」≫

 米側が「65カイリ(約120キロ)以内」という具体的な距離を示したのは、徳之島案拒否を明確にする狙いがあるといえる。

 平野氏は22日の記者会見で「65カイリ以内」という米側の要求について問われると、「知りません。ガセじゃないですか」ととぼけてみせたが、事態打開の展望はみえていない。

【関連記事】
鳩山内閣、高速道路でまたも迷走 小沢氏依存姿勢が鮮明に 
事業仕分け第2弾 財源捻出は期待薄、癒着の構図にメス入るか
前原国交相「新制度見直さず」 高速料金も迷走
永田町への“配慮”優先? 異例のスピード決着 首相元秘書有罪
「説明責任」の言葉軽く 鳩山首相、一転消極姿勢 首相元秘書有罪
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

弁護側の同意ない調書 検察、誤って読み上げ(産経新聞)
<自民>元巨人・堀内氏の擁立検討(毎日新聞)
有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待−政府(時事通信)
成田で欧州便運航再開、寝泊まり外国人安堵(読売新聞)
政治とカネ「来週に決着する」その真意は?(産経新聞)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-04-24 17:11
 全国の書店員が「一番売りたい本」を選ぶ「2010年本屋大賞」が冲方丁(うぶかた・とう)さんの「天地明察」(角川書店)に決まり、東京都内で20日、発表された。冲方さんは大学在学中の96年に作家デビュー。過去に日本SF大賞や吉川英治文学新人賞を受賞している。

【関連ニュース】
養老孟司による書評を読む…今週の本棚
松たか子:「泳げないんです」と告白 本屋大賞受賞作を映画化「告白」試写
横道世之介もノミネート
村上春樹さんの長編小説「1Q84」もノミネート

博多湾で人の頭部見つかる…諸賀さんか(読売新聞)
早稲田など3大学相乗り小型衛星 5月「あかつき」で打ち上げ(産経新聞)
春姫道中 徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋(毎日新聞)
青海地震で緊急支援=政府(時事通信)
<訃報>須川昭さん83歳=元富士ピー・エス社長(毎日新聞)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-04-21 23:18
 大阪府貝塚市の精神科「貝塚中央病院」で2008年1月、入院中の男性患者(当時48歳)が身体拘束中に重体になり、救急搬送先で死亡した事故で、貝塚署は、カルテなど診療記録を改ざんしたとして田村善貞理事長(61)(当時院長兼務)、看護師長の女性(58)、男性医師(30)の3人を証拠隠滅容疑で、業務上過失致死罪によって公判中の栗原誠一看護師(54)を証拠隠滅教唆の容疑で13日までに書類送検した。

 病院トップがカルテ改ざんで刑事責任を問われるのは異例。

“小沢2法案”波乱の目 「政治主導確立」「国会改革関連」(産経新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
浅田選手ら招き春の園遊会(時事通信)
岡部まり氏を民主擁立、14日に正式表明へ(読売新聞)
「御柱」倒れ、4人下敷き=頭を強打、1人死亡−長野(時事通信)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-04-20 00:28
 米軍旧立川基地拡張に反対した住民らが基地内に立ち入り起訴された1957年の「砂川事件」の裁判で、米軍駐留を違憲とした東京地裁判決をめぐり、当時の藤山愛一郎外相が59年4月1日にマッカーサー駐日米大使と密談し、最高裁に直接上告する「跳躍上告」を検討していると伝えていたとみられることが8日、外務省が開示した会談速記録で分かった。開示請求していた市民グループが同日、速記録を公開した。
 これまでに、米公文書館に保管されていた文書から、前日の59年3月31日にマッカーサー大使が藤山外相らと密談し、跳躍上告を求めていたことが既に明らかになっている。外務省は、先月31日付で開示するまで速記録を「不存在」としていた。市民グループ共同代表で砂川事件元被告の土屋源太郎さん(75)は「密談の存在が日本側文書でも確認された」と話した。
 開示された速記録は59年4月1日付で、帝国ホテルで行われたマッカーサー大使と藤山外相との会談の内容を記載したものとみられる。「極秘」と書かれ、藤山外相の発言内容として、地裁判決について「目下最高裁に直接提訴するや否や検討中で、検事総長帰京を待って決定する」と書かれていた。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
砂川事件文書を開示=外務省、不存在から一転
徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加
「鳩山政権に怒り」「基地は戦争生む」=ホワイトビーチ案反対で集会

残業代を有給休暇で「代替」 改正労基法施行で新制度(J-CASTニュース)
耐火仕様に不適合=鹿島など開発のビル用外壁−国交省(時事通信)
平城宮跡 第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
信号無視・見落とし21件 大阪市地下鉄、大半公表せず(産経新聞)
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査(医療介護CBニュース)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-04-13 01:18
 民主党の小沢一郎幹事長は2日、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案を議員立法の形で今国会へ提出することを認めない考えを示した。連立与党の国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相の強い反対により、すでに政府提出は困難な情勢となっており、これで今国会での法案提出の道はほぼ絶たれた。

 外国人参政権付与推進派の川上義博参院議員が2日、国会内で小沢氏に議員立法での法案提出を求めたが、小沢氏は「無理だ」と断ったという。小沢氏はもともと、外国人参政権法案を政府提出法案として提出するのが望ましいとの考えを示してきた。

ラーメン店主、落とし物届け出中に店から出火(読売新聞)
大イチョウから無数の芽=「大切にしたい」−鶴岡八幡宮(時事通信)
谷町線で保守中ケーブル切断 15万人影響(産経新聞)
シー・シェパード元船長起訴 危険行為に強い姿勢 検察側、外交切り離し捜査(産経新聞)
<完熟マンゴー>「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-04-08 01:34
スペルボーン(Spellborn)