カルテ改ざん容疑、病院理事長を書類送検(読売新聞)

 大阪府貝塚市の精神科「貝塚中央病院」で2008年1月、入院中の男性患者(当時48歳)が身体拘束中に重体になり、救急搬送先で死亡した事故で、貝塚署は、カルテなど診療記録を改ざんしたとして田村善貞理事長(61)(当時院長兼務)、看護師長の女性(58)、男性医師(30)の3人を証拠隠滅容疑で、業務上過失致死罪によって公判中の栗原誠一看護師(54)を証拠隠滅教唆の容疑で13日までに書類送検した。

 病院トップがカルテ改ざんで刑事責任を問われるのは異例。

“小沢2法案”波乱の目 「政治主導確立」「国会改革関連」(産経新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
浅田選手ら招き春の園遊会(時事通信)
岡部まり氏を民主擁立、14日に正式表明へ(読売新聞)
「御柱」倒れ、4人下敷き=頭を強打、1人死亡−長野(時事通信)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-04-20 00:28
スペルボーン(Spellborn)