「国・地方協議」、首相に招集権=骨子案まとまる(時事通信)

 地方にかかわる政策全般を話し合う「国と地方の協議の場」の法制化に向け、政府と全国知事会など地方6団体による実務検討グループが18日、首相官邸で会合を開き、骨子案をまとめた。首相は「協議の場」の正式メンバーではないものの、「招集権を持ち、いつでも出席できる」などとした。政府は3月上旬に法案の閣議決定を目指す。
 骨子案は政府側が提示。それによると、構成メンバーは、国側が官房長官や総務、財務両相らの関係閣僚、地方側が知事会や市長会など地方6団体の代表者で、官房長官を議長とすることを想定している。
 地方側は当初、首相を議長とするよう主張。しかし、「首相を正式メンバーとすると日程調整が難しく、実質的な協議がしづらくなる」(政府関係者)ため、首相を正式メンバーから除外。首相には招集権のほか、議長の指名権など一定の権限を持たせることで最終決着した。協議での合意事項については、国・地方双方に尊重義務を課す。 

【関連ニュース】
鳩山首相、メンバーから除外=「オブザーバー」参加に
地方からも招集可能に=「協議の場」で骨子案
来月9日に与野党と意見交換=外国人地方参政権で
子ども手当で6団体に要請へ=地方負担「謝罪」も
普天間移設「知事会で議論を」=橋下大阪知事

「特定看護師」創設、モデル事業実施へ(医療介護CBニュース)
<ドクターヘリ>医師の養成支援…NPOが4月に基金創設(毎日新聞)
<共産党>町田、日野市議選で全員当選…地方選で健闘(毎日新聞)
島根の遺体遺棄、平岡さん情報に300万円(読売新聞)
催眠療法、オゾン療法… 鳩山「統合医療」は科学的?(J-CASTニュース)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-02-24 05:46
スペルボーン(Spellborn)