「非出会い系」被害増加 福祉犯罪、9割が携帯から接続 警視庁(産経新聞)

 平成21年1年間にプロフィルサイトなどの非出会い系サイトを介して児童買春などの福祉犯罪の被害にあった児童は148人(前年比66人増)と、出会い系サイトで被害にあった36人(同12人減)を大幅に上回ったことが17日、警視庁の統計で分かった。警視庁は「出会い系サイトの規制が進む一方、非出会い系サイトでの被害が増えつつある」として、注意を呼びかけている。

 警視庁少年育成課によると、21年に都内で検挙されたネットを介する福祉犯罪は218件(前年比60件増)で、検挙人数も174人(同17人増)だった。

 被害児童が利用していた非出会い系サイトの内訳は、プロフィルサイトとコミュニティーサイトがいずれも35人で、ゲームサイト(25人)、掲示板(13人)、チャットサイト(6人)などが続いた。被害児童を年齢別にみると、中高生が全体の約8割を占め、サイトへのアクセス方法は携帯電話が9割を超えた。

 こうした事態を受け、同課では小中高校の入学説明会などに講師を派遣して、携帯電話のフィルタリング機能の活用方法などを説明しているほか、3月24〜31日には、中央区京橋の警察博物館でフィルタリング特別展を開催する。

【関連記事】
非出会い系サイトでも児童・生徒の犯罪被害急増
「神待ちサイト」乱立 家出少女が“援助”持ちかけ
小中生ケータイ利用、親の感覚は? 石川の禁止条例に賛否
【因数分解】青少年守れ 有害サイト情報共有で3市連携
ネット関連事件、プロフなど「非出会い系」にシフト

【止まらぬ暴力 シー・シェパードの実態】(下)遅れる法整備(産経新聞)
<雑記帳>道路標識の支柱に腐食防ぐ新素材導入 埼玉県警(毎日新聞)
「反小沢系」枝野氏、行政刷新相に(読売新聞)
民主今度は「労組とカネ」←野党「3大疑惑だ」(読売新聞)
<除雪機事故>4歳児が巻き込まれ死亡 祖父が使用 秋田(毎日新聞)
[PR]
by 1rjgbdzc7m | 2010-02-20 13:06
スペルボーン(Spellborn)